崎陽軒 本店ビル@横浜駅 野並社長のお話を聴いてきました と 蒸したてシュウマイの衝撃 

崎陽軒の野並社長

崎陽軒

印象的な崎陽軒本店ビル

崎陽軒、野並社長の講演が聞けるということで、横浜駅すぐの崎陽軒ビルに行ってきました🎵

横浜駅東口の中で一等地の中の一等地と言って過言ではない立地。

壮大に構えるビル、一階にメインエントランスがあり、横浜駅からも地下で直結している正しく横浜を代表する会社です。

お冷

崎陽軒ビル内の講演会場でまず目に付いたのが・・・・・・

崎陽軒

ガラスのコップにプラスチック製の蓋

用意して頂いていたお冷です。

数えていませんが、恐らく100名以上は参加している会場。

飲んでみての温度を考えてもそれほど前に注いだ訳ではないのに、蓋をして頂いている。

注いでくださった人の心を感じました。

また、上の蓋は一階限りで処分するとしてもペットボトルよりはゴミも少なく、費用も掛からなそうです。アイディア一つで おもてなし と 費用節約 を実現しています。

 

『人生を15年に区切って・・・』

15歳〜30歳
勉強する

31歳〜45歳
人脈を作る

46歳〜60歳
それらをフル動員して最高の仕事をする

現在、68歳の野並社長
思い返せばこのように生きて仕事をしてきたと回想しておりました。

私は30歳代が仕事バリバリの時期という感覚を持っていたのですが、この考えを聞いて、「まだまだこれから〜!」と思えて嬉しくなりました。

後ほど崎陽軒のレストランで直接お話をした際に野並社長が
『60歳過ぎた私はどうすればいいんだろう?』とお茶目な悩みを打ち明けてくださいました。

とても素敵な方です。

 

フリーパブリッシング

崎陽軒が積極的に取っている広告戦略です。

いわゆるお金の掛からない広告活動。

例えば今回のような講演会
カンブリア宮殿等TV番組への出演
ケンミンショーや料理の鉄人への出演

もちろんお金以外の労力・時間は掛かりますが、
費用対効果は抜群との事。

知恵を絞って何かを仕掛ければ、
マスコミの方々がキャッチしてくれる。

『知恵を絞れ!』
いつどこでもどんな時も頭に汗をかかねばです。

 

蒸したてシウマイ

崎陽軒

シュウマイではなくシウマイ@崎陽軒

コロコロと転がりやすい、サイコロみたいに可愛いシウマイ

一度冷ました崎陽軒のシウマイはよく食べていたのでそのイメージで食べたら・・・・・・

う、う、うまい〜〜〜\(^o^)/

なんだこりゃっ!な旨さ

⭐⭐⭐

星3つ!!!

野並社長、そして崎陽軒にしてやられました。

完敗に乾杯🍻

 

あとがき

当初、崎陽軒のシウマイ物語を書こうと思っていたのですが、wikipediaにもしっかり載っていたので野並社長のお考えやビジネス上の戦略を少しご紹介させて頂きました。

講演の内容をブログにすることを快諾してくださった野並社長、誠にありがとうございます!

これからの生き方や経営の参考にいたします。

 

ぷくさんぽ

 

『街と人と住まいを』
福街不動産
 福地真吾
神奈川県川崎市中原区木月祗園町12-1  1階
TEL:044−750−0409
FAX:044−330−1654
e-mail:info@fukumachifudousan.co.jp

↓↓facebook↓↓
https://www.facebook.com/pukusanpo/?fref=ts

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です